静岡で緑内障治療を受けました

初期だったので目薬で治療中

緑内障治療/静岡 : 静岡市の緑内障の専門治療

珍しくないとはいっても適切な治療を施さない限り、視野の欠損はどんどん進行し最終的にはピンホールのような視界を除いて真っ暗の状態になってしって失明にいたるとのことでした。
緑内障と言うのは病気の名前は認識している程度だったので、失明にいたる可能性のある恐ろしい病気と言うのは寝耳に水。
自分の場合に置き換えてみると、視野の欠損部分は未だわずかなので治療で進行を抑えることが出来るということでした。
とりあえず失明の危機が今すぐというわけではないのに安心したのは事実です。
と同時に今は問題の発生してない左目にも症状が出てくる可能性は否定できないとの告知も受けました。
病気の進行状況は、初期から少し進行したほどのレベルなので、目薬を中心にした治療を継続することで様子を見ている状態です。
緑内障と言うのは目の内部の圧力(眼圧)が上昇する病気なので高血圧との関係も否定できないそうです。
そこで内科を受診して高血圧の治療も同時進行で行っている状況です。

病気とは無縁だったが40代半ばから目の疲れを感じる / 視野の欠損を感じ静岡のクリニックにて緑内障と診断 / 初期だったので目薬で治療中