静岡で緑内障治療を受けました

視野の欠損を感じ静岡のクリニックにて緑内障と診断

そんなある日のこと、左右の一方ずつを休ませるために、片目を閉じた状態で視野を確認してみると、右目のはし方に一部欠けているような箇所があるのに気付きました。
両目を開いてモノを眺めている分には、特に支障も異常も感じることはありません。
普段の生活でも特に変わったことはないわけですが、片目を閉じて視野を確認してみると右目の外側の方にだけ、おかしな部分があるのは確かです。
これは後で知ったことですが、人間は左右の目で認識した映像を、両目の視神経を通じて脳に伝達されて、補正された視覚になっているので、片目がダメージを受けても影響がでないようなメカニズムが身体に備わっているそう。
とりあえず何の病気が隠れているのかは皆目検討がつきませんでしたが、視野が欠けるという目の異常なので職場近くで自宅からも交通アクセスのいい静岡市の眼窩クリニックを受診することにしました。

色々な検査を受けた結果下された診断名が緑内障でした。
祖父母や両親などのなかには、高齢になってから白内障の手術を受けて人はいましたが、家系の中で緑内障の経験をしたものは、少なくとも自分が記憶している限りでは一人もいなかったと記憶しています。
ところが主治医の先生のいうところによると、決して珍しいわけではなく誰でもかかる可能性のある病気とのこと。

病気とは無縁だったが40代半ばから目の疲れを感じる / 視野の欠損を感じ静岡のクリニックにて緑内障と診断 / 初期だったので目薬で治療中